日程 2017年10月27日 (金) 〜 29日 (日)

DIGITAL CONTENT EXPO 2017

会 場 : 日本科学未来館 / 入場料金 : 無料

DIGITAL CONTENT EXPO 開催概要

コンテンツの制作や表現を支援するコンテンツ技術は、情報処理や映像表示の能力を向上させながら、ゲームやアニメなどのコンテンツ産業を発展させる原動力となってきました。コンピュータグラフィクスや3D、VRなどの技術分野に加え、身体を用いたインタフェース技術や人間の五感に働きかける技術など、新たな技術の研究開発も活発に行われ、芸術やコミュニケーションの分野でも新たな文化を生み出してきました。コンテンツ技術は、今後医療やロボットなど他の産業分野に応用することで、より大きな役割を発揮することが期待されています。

デジタルコンテンツEXPOは、こうしたコンテンツ技術をテーマとした国際イベントです。コンテンツ分野で活躍する研究者やクリエイター、企業関係者等が参加し、最新の情報を交換しながら、デジタルコンテンツ産業の5年後、10年後の将来像を描き出します。

SYMMETRYの展示内容

360度VR

AMBEO VR MICによる立体音響を得て、360度動画は新しい表現を手に入れる。
京都・建仁寺両足院。名勝庭園に選ばれた由緒正しき庭を一望出来る大書院に、今回特別に許可を頂いて、立体音響を収録できる「AMBEO VR MIC」と、最新鋭の8K 360度カメラが入りました。

息を呑む名勝と共に収録された立体音響に、その場には無かった新たな音素材を追加。エンタテインメント性を高めるエフェクトを組み合わせ、今までにない、360度3Dオーディオ&ビジュアルコンテンツが完成しました。

茶人の立てるお茶の香りまで漂ってきそうな、新しいVR表現を是非ともご体験下さい。

立体音響シミュレーション

SYMMETRYとAMBEO VR MICが実現する、新しいVRでの音響体験
3D CADデータをVR空間に再現するソフトウェア「SYMMETRY」と、SENNHEISERが提供する「AMBEO VR MIC」で収録された立体音響がコラボレーション。仮想空間の中で、リアルな日本の「夏」を体験出来るコンテンツを制作しました。

音がどのように反響するかをシミュレーション出来る「インパルス・レスポンス(IR)」と3D CADが融合することで、VR空間内での視覚と聴覚の同時シミュレーションが可能になり、より深く、よりリアルに、仮想空間をシミュレーション出来ます。

AMBEO VR MICで収録した立体音響と、SYMMETRYで再現されたVR空間による、「超」仮想空間の中で、移りゆく夏の一日をお楽しみ下さい。




DIGITAL CONTENT EXPO 2017

会 期 2017年10月27日 (金) 〜 29日 (日)
会 場 日本科学未来館
東京都江東区青海2-3-6
アクセス https://www.dcexpo.jp/access
入場料 無料
公式ページ https://www.dcexpo.jp/

※27日は招待者デーです。一般の方も事前予約すれば、ご入場いただけます。



このエントリーをはてなブックマークに追加


Check SYMMETRY
SYMMETRY公式ページ